<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 ● スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています








 ● 屁(へ)は、「おなら」とも「ガス」ともいわれる。肛門から排出される気体で、腸で発生されるガスも含める。平均的には大人は普通一日に合計0.5〜1.5リットルの量の屁を5回から20回に渡って放出する。これを放屁という。
井出総帥 


  「屁(へ)は、「おなら」とも「ガス」ともいわれる。肛門から排出される気体で、腸で発生されるガスも含める。平均的には大人は普通一日に合計0.5〜1.5リットルの量の屁を5回から20回に渡って放出する。これを放屁という。」






のようなのですが・・・。

[補足]

総帥は日頃から屁をもの凄い出され、それは時に己自身が恐怖し慄く程だったので、2007.4月頃まで事あるごとに「屁」について触れてたのですが、ここ一年パッタリとなかったので我々幹部一同安心してた訳なんですが・・・。

以前のお言葉の印象から察するに、屁が止んでいたと考えるのは不自然で、またそんな訳は絶対になく、きっとアレ以来屁をする事がごくごく「日常」になられて意識の範疇から外れていたのでしょう。(意識的にその脳の回路を経ったのかもしれません)

さて、一年の時を経てビッグバン的なオナラでもされたのでしょうか。もしくは極々小さなオナラ、もしくは致死量に届くくらいの腐臭か・・・ともかく何のキッカケによって己からヒリ出され続けていた屁を認識したんだと思います。

で、1年ぶりに再認識させられたときに発せられたのがこのお言葉・・・。

気落ちしているのかまた、うんざりなのか、辟易からくる無感情心なのか、はたまた「おかえりなさい」なのか・・・。お言葉の意は総帥にしか解りませんが、とても感慨深いものを感じさせられます・・・。









 ● スポンサーサイト







コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/06/08 10:55 AM |
コメントする











PROFILE
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
MOBILE
qrcode